宅建合格学習のツボ

通う時間ありますか?通学の思わぬ落とし穴

本サイトでは重ね重ねお伝えしていることですが、合格率15%前後の宅建の難易度は思いのほか高いものです。
試験対策においては複数の専門的な法の習得をすることになるため、なかなか容易に合格を果たせるような試験ではありません。
あくまで「独学で臨む」という受験生もいらっしゃるかと思いますが、勉強の質や効率などあらゆる面を比較すれば、人によっては「なかなか合格にたどり着かない」というケースも多々見受けられます。
よって多くの場合、予備校や通信教育を活用する方が効率の良い学習が期待できるだろうというのは言うまでもありません。

さぁ、「餅は餅屋」の考え方から、ここでは独学ではなく受験専門校にお世話になると仮定しましょう。
宅建の難易度に対応するために、予備校と通信教育の一体どちらを選ぶべきなのでしょうか?
この問題に関しては、個々人の環境や性格に大きく関わってくるものと思われます。
必ず教室に行くようにしないと勉強が続かない、時間は十分にあるという方であれば通学向きと言えそうですが、おそらく宅建の難易度に挑むほとんどの受験生が時間的制約のある中で試験に挑むのではないでしょうか?

今の生活を振り返ってみて、予備校に通学するための時間を無理なく設けられるかどうか。
通学を盛り込むことによって、通学と仕事や家庭の両立が上手くいきそうかどうか。
今一度、考えてみてください。

私が通信教育を選んだポイントのひとつとして、やはり「時間に縛られずに学習できる」点がありました。
宅建ほどの難易度の資格の場合、多少の無理は必要なのかもしれませんが、都合の良い時間に学習できる通信教育で最大限効率の良い受験対策が実現できたと思います。
通学のための時間も勉強や仕事、家事など必要なことにあてることができたので良かったと思います。

次ページでは、社会人の通信教育活用法について、具体的にご紹介していくことに致しましょう。
あなた自身のライフスタイルと重ね合わせて、シミュレーションしてみてください!